<< コンクリートの打設 | main | 3DCADと格闘 >>

橋梁点検

0

     

    お疲れ様です、木村(優花)です。

    先日の橋梁点検の現場で、初めて箱桁の内部を見ることができました。

    これまで図面でしか見たことがなかったので、自分の目で見ることができて感動しました。

     

     

     

    また同日は橋梁点検車での作業も行っていました。やはり間近で見るととてもかっこいいです。

    橋の構造及び損傷の特徴や、橋が架けられた西暦からその橋梁の性質を推測することができる、

    という専務の話からも多くの学びを得ました。

     

    そして昨日、先週打設したコンクリートを型枠から外しました。

     

      

     

    表面がつるりとしていて触るとひやり、としていました。かたさもしっかりあり、推定およそ50キロほどの重さになっていました。

     

     

    ↑鉄筋探査機を当てている様子です。

     

    今週も、橋梁とコンクリートと鉄筋と、吸収するべき出来事で溢れていました。氾濫状態です。

    氾濫といえば、大雨で川の水が増水しているのが心配ですね。雨の降り方にも要注意です。

     

    皆様どうぞ、ご安全に。

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.07.12 Sunday
      • -
      • 14:51
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      PR